ナギ(梛)の木

写真は龍潭寺の境内にある樹齢約四百年のナギ(梛)の木です。井伊家二十四代 井伊直政(幼名虎松)幼少の頃、井伊家の安泰を念じて植えられた御神木だそうです。あまり馴染みのない木ですが、ナギは古くから御神木として神社に多く植えられてきたとのことです。

一見、広葉樹の葉に似ていますが、よく見ると中央脈が無く平行脈で、太古から生き残ってきた銀杏(イチョウ)と同じ仲間の裸子植物です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です